忍者ブログ
" VTR250 " と " Super Cub 110 " で 良景と良道を求めて走ります。
2017.04.29 Sat 10:46:07
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011.06.17 Fri 00:00:00
毛無峠




12:25 上信スカイラインから左折し毛無峠へ。
(写真は通り過ぎて分岐点逆側から)



少し進むと遠くに何か見えた。
バイクをとめる、北アルプスだ!



やはり派手だなぁ。出会って凄いと一瞬で思わされる。
3,000m級は冠雪がはじまっている。



県道112号線は、こんな感じの1.5車線道。
ぎりぎり幅寄せすれば交互通行は一応可能だ。




途中ガードレールが無くなり車が少し駐車できるスペースがあった。
下界まで薄っすら見えている、これは凄いところを走っているようだ。
時刻は正午を過ぎてしまったが午前中早めに走ってみたくなった。



先に車が何台も止まっているのが見えてきた。
どうやらあの鞍の部分が毛無峠の様だ。



峠手前、毛無山の脇道は小規模な落石などで舗装が剥がれている。
いずれダートになって土へ還ってゆくのだろうか。



12:38 毛無峠到着
(なんだここは・・・)
急ぎバイクを降りて散策してみる。



まずは毛無山を少し登ってみよう。
すると鉄塔のような物が倒れていた。



硫黄鉱石を駅まで運ぶロープが張ってあったはずの鉄塔群。
秋空は気高く青く美しいのだが、何か物悲しい佇まい。
この環境は厳しいはずで、いつかは錆と風雨で倒れてしまうのだろう。



静止した世界。
ずっと眺めていると、
時が止まっているかのようだ。



南側は小串鉱山の跡地が。
ほとんど2,000人規模の集落の面影はなくなっている。
当時は学校・診療所・商店など一つの世界があったらしい。
冬の小串はとても厳しく、
当時子供だった人の回想を読んだことがあるが
「もう住みたくない」とあった。

北海道硫黄㈱小串鉱山
人口最盛期約2,100名、従業社員数約670名
小中学校、診療所、商店、神社までもがあり1つの村だった。
1929年(昭和4年)から採掘を開始し1971年(昭和46年)に閉山されるまでの43年間
標高1,650mの高地で冬は氷点下という過酷過ぎる環境下での鉱山であった。
経営母体は三井系企業の『 北海道硫黄株式会社 』
事故が多く最も被害の大きいものは
1937年(昭和12年)の大規模な地滑りで245名の方が犠牲になった。
その慰霊碑が今も残っており毎年夏に慰霊祭が行われている。
ここの硫黄は平均品位、約35%で現地で製錬もしていた。
できた製品は当初は高山村まで徒歩で山越えしていた。
途中から索道(ロープウエイ)を建設しそれで須坂市まで運んだという。


硫黄の生産についての記事を読むと背景が見えてくる。



ここから見える風景。
主に西側のパノラマだが、90~300°まで見渡せる。

右の山が1,999mの破風岳。
その名の通り風を破りそうな形で印象深い。
登山は30分強でできるらしく、
山頂から見れば丁度2,000mの360°のパノラマが広がる。



斜面を少し登ると巨岩がいくつかゴロゴロしている。
毛無山の噴火があったのか、まさか白根じゃないだろうが。



巨岩の上でしばらく風景に溶け込んだ。

絶景での高揚感と、廃墟の寂しさ。
秋空の美しさと、鉄塔の物悲しさ。

間違えなく40年前まではあの空間に人々が力強く生活していたのだ。
古城も似た感じを受けるが、
廃村・廃墟の方がリアルであり、栄枯盛衰盛者必衰の理を感じられるのだ。


次は 帰路・エピローグ へ
PR
栄枯盛衰。
2011.06.17 Fri 18:46:55
はじめまして。初投稿させてもらいます。愛車はスーパーカブ110で、ツーリングはほとんど経験なしですが、何か、ツーリングしたくなってきました。大自然のなかで、栄枯盛衰を感じて、何ともいえない感覚になりそうですね。
Re:栄枯盛衰。
FROM MASTER 06.17 Fri 19:56:12
かねさださんはじめまして。
愛車は通勤・仕事用ですか。
私もまたカブでツーリングに行きたくて仕方がないのです。
前線は滞留しているし、長野がもう少し近ければよいのですが。
本当になんとも言えない感覚でした。
帰ってきて日にちが経っても何か印象深いです。

カブ110は250cc以上とは違った楽しさがあります。
ぜひツーリングに出てみてくださいね。
NAME
TITLE
MAIL
HOME
PASS
TRACKBACK URL -
Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Category

Blog Search

Archive

Last comments
[07/08 名無しのカブ]
[06/24 ZJ]
[06/24 ZJ]
[06/23 名無しのカブ]
[03/24 流れ雲]

IPCounter

Current Visits

Regional Visits

ジオターゲティング

Link

Weather

雨・雲予報

Profile
HN:
るぅ
性別:
男性
趣味:
旅行・ツーリング
自己紹介:

風景ある道に焦がれます
スーパーカブ110
VTR250FI

どっちも白だったり。

Since 2011.03.26
タイムカウンター

Bar code

RSS

忍者ブログ | [PR]
| BLOG DESIGNED TABLE ENOCH | △TOP