忍者ブログ
" VTR250 " と " Super Cub 110 " で 良景と良道を求めて走ります。
2017.06.24 Sat 22:44:44
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011.04.05 Tue 00:00:00
寒中走行は体温を低下させ疲労を招く。
特に指先・足先の冷たさは厳しい。
長時間乗るなら必須といえるグリップヒーター。
気温2℃の雨中走行を体験してから備えの必要性を感じた。
通勤時だけなら寒くても到着すれば暖かいのだが
筆者の場合は業務中もカブに乗り、冷え続け、
時間が空いても車と違って車内で待機も出来ない。
(郵便配達の方たちの方が乗車ばかりで過酷なのだが)
冬に向けてグリップヒーターを着けなければ、と。

2010.10.10(日)

必要パーツ

●Honda純正グリップヒーター。
特にスーパーカブ110専用というわけではなく、
カブ50/90・PCXなどと同じパーツコードだ。

●スーパーカブ110専用グリップヒーター取付アタッチメント

●工具
・インパクトドライバー
 ビット+2・ドリルビット6mm/9.5mm
・中/短め+ドライバー+2
・+1ドライバー
・マイナスドライバー
・レンチ10mm・12mm
・ウォーターポンププライヤー
・パーツクリーナー
・グリップ用ボンド
・絶縁用ビニールテープ


まずグリップエンドを外す。
これはウェイトバランサーになっていて単気筒振動対策の一つ。
これが外れない・・・強烈なトルクで締められているのだ。
安物プライヤーで挟み、プラスドライバーでMAXパワーで。
ネジ山が少しナメてしまった。
手首を痛め、おかしくなりそうでやめてしまった。

トルク23kgでかけられる電動ドライバーでやるもNG。

仕方なく初回点検の5月から行ってないバイク屋へ走る。
*「ウォーターポンププライヤで挟みインパクトドライバーじゃないと無理っす。ネジロック剤付いてますんで」
そこまで強力なトルク+ネジロック剤でプラス穴ビスを締め付ける意味が分からない。
せめてヘックスビスにするべきだ。
(実際手で強く締めた2か月経過後も外れていない)

外れたグリップエンド

*「無料でいいっス、何するんですか?」
筆者「ああ、グリップ変えようと思いまして」
お礼言って即帰り作業継続。


次にマイナスドライバーでグリップとハンドルバーの隙間を作り
パーツクリーナーを挿し噴く。
すると驚くほどグリップの接着感がなくなりするする抜けた。


ハンドルバーもパーツクリーナーで接着剤を拭き取る。


ハンドルバーにグリップボンドを塗り
新しいヒーター入りグリップ内にパーツクリーナーを噴き差し込む。
パーツクリーナーが潤滑剤の役割をするのだ。
パーツクリーナーが乾けば接着されるという塩梅だ。
半周タイプのため説明書の取付角度の記載通り回して位置を60度にする。



左ミラー穴にスイッチを取り付ける。

これでグリップヒーター本体の取付は完了だ。

ここからは各パーツのハーネスをカウル内に取り込む処理だ。

ウインドシールド等追加しているカブはハンドル上の余分なパーツをすべて外す。


左ハンドル側に9.5mmの穴を開ける。
スイッチハーネスを摂り込むだめだ。


左グリップからのハーネスは
根本直下に6mmの穴を開けた。


右グリップハーネスは
ブレーキレバーの隙間から入れることが出来る。

これで部品側のハーネスの準備は完了。

次は割り込みハーネスの接続。

ハンドルアッパーカウルを外すために左ハンドル下から4か所のビスを外す。
このうち一番左はヘッドライトを外すビスだ。
右側も同様に外す。


左右のフロントウインカーもビス1本外し、
ウインカーをひねって外す。


ヘッドライト内を覗くとスピードメーターケーブルがある。
これも緩めて外す。


こんな感じでアッパーカウルを取り外す。

グリップヒーター取付アタッチメントの
割り込みハーネスを取り付けてゆく。

接続は、至って簡単。
取扱説明書通りに進めてゆけば良い。
しかもコネクタ形状に気をつければ感覚でわかるはずだ。


ギボシとコネクタをそれぞれ取り付ける。
Hondaのギボシ端子は一般的なものに対して小さいようだ。


カウルを元に戻し、
ウインカーとヘッドライトを取り付けて完成。
ハーネスを咬まないように、うまくまとめてヘッドライトを取付よう。


バイク屋に持ち込んだり、
なんだかんだで2時間かかってしまった。

しかしエンジンをかけてスイッチを入れた時の
このぬくもりは、余りある報酬だ。
苦労したが、この暖かさはきっと重宝するだろう。


グリップヒーター
◇ 発熱体に合金ステンレス鋼(SUS)を採用した、Honda独自の左右セット半周タイプグリップヒーターです。
◇ 電力消費に最大限の配慮を実施した優しい設計で、バッテリー電圧監視システムを内蔵し、電圧が低下した際には「グリップヒーター」への電源供給を自動的に中止することで愛車を保護します。
●品番:08T50-EWA-001J
●価格:¥9,240 (消費税抜本体価格 ¥8,800)
●取付時間:1.0H
●ヒーター:半周タイプ

グリップヒーター取付アタッチメント
●品番:08T49-KWV-000
●価格:¥1,995 (消費税抜本体価格 ¥1,900)
PR
NAME
TITLE
MAIL
HOME
PASS
TRACKBACK URL -
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Category

Blog Search

Archive

Last comments
[07/08 名無しのカブ]
[06/24 ZJ]
[06/24 ZJ]
[06/23 名無しのカブ]
[03/24 流れ雲]

IPCounter

Current Visits

Regional Visits

ジオターゲティング

Link

Weather

雨・雲予報

Profile
HN:
るぅ
性別:
男性
趣味:
旅行・ツーリング
自己紹介:

風景ある道に焦がれます
スーパーカブ110
VTR250FI

どっちも白だったり。

Since 2011.03.26
タイムカウンター

Bar code

RSS

忍者ブログ | [PR]
| BLOG DESIGNED TABLE ENOCH | △TOP