忍者ブログ
" VTR250 " と " Super Cub 110 " で 良景と良道を求めて走ります。
2017.09.22 Fri 18:50:25
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011.05.23 Mon 00:00:00
GWツーリング2011群馬長野-15

美ヶ原高原の北の林道を回る

27Km



10:20 旧料金所前で。
道の駅美ヶ原高原美術館を出発。
自然保護センターへは県道464号線で北側を回り込むように進む。


くねくねと下ってゆくと・・・

464号線中一番のポイント、白樺平だ。
9割以上が白樺林という爽やかな道だ。
白樺保護の為かこの短い区間は一車線設定。


白樺は良い。冬枯れていても幹とのコントラストが美しい。

はにたらうさんも停車して撮影しているのだろう、違うバイクが来た。



この464号線は基本ブラインドコーナーを繰り返す。
普段使わないタイヤの端まで使用してしまうほどの急カーブもある。
急に対向車が現れて冷っとすることも。



まじめに走るとスラロームになるようなポイント。
4輪は真っ直ぐ走ってきそうで、注意が必要だ。



路面は、7年前に比べて補修箇所もあり走りやすくなっていた。
急カーブ箇所が補修されればもっと走りやすくなるのだが。



巣栗交差点で県道62号線と合流するが、武石峠よりの464号線は通行止めで廃道と化していて事実上ここで消滅する。



左折で美ヶ原自然保護センター・王ヶ頭方面の上りとなる。
活躍したであろう除雪車が2台でん、とおいてあった。



右手に森林公園のようなスペース脇の道が心地よい。



464号線と比べてRのやさしいカーブだが、
1車線幅となる箇所があり交互通行に気を使う場面も。



まだ新しい補修痕。
台風や長雨後の崩落が怖い。


一気にヘヤピンを繰り返すと

パッと空があかるくなった。武石峠だ。



そして分岐点。
右折で松本方面、左折で美ヶ原自然保護センターだ。



この辺になるともうすぐ視界が開けるはず、と急くようになっていた。
もう林道はお腹いっぱいなのだ。


すると・・・

山岳道路に変貌!
ここは後で地図を見たら「 思い出の丘 」という場所らしい。
次回は坂道に反れて上から景色を見てみたい。



走っているだけでこの景色!
2,000m近いスカイラインからの幾層もの山の上に立ち憚る3,000m級の北ア。
これは快晴の日は凄い道だぞ!



オートフォーカスは無理、マニュアル望遠で。
実に悔しいこの黄砂と霞。



そして武石峰を回り込む快適なカーブ。
ドッカーンと走りたくなりそうだ。

そしてこの武石峰を越えると・・・

頭のかなで「ヴァ~ン」と鳴らされたようなこの絶景道!

王ヶの地、天空の城への道か。


長野県道464号美ヶ原公園西内線★★☆☆☆
12~4月下旬まで冬季前面閉鎖。
美ヶ原高原美術館より県道62号線と合流後三才山トンネルまでの延長27km林道。
蝶ヶ原林道との分岐点から三才山トンネル有料道路料金所前にて国道254号に接続するまでの区間は崩落のまま通行止めとなっており、昔のミナミカドスカイラインと呼ばれたこの道が気になるところだ。

今回走った12kmの区間は一気に1,000mも高度を下げる急峻な林道。
対向車と路面と速度に注意して走ろう。
白樺平には退避スペースがあるので
そこでの、爽やかな「ちょっと休憩」も気持ちよくお勧め。


次は 美ヶ原自然保護センター へ。
PR
NAME
TITLE
MAIL
HOME
PASS
TRACKBACK URL -
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Category

Blog Search

Archive

Last comments
[07/08 名無しのカブ]
[06/24 ZJ]
[06/24 ZJ]
[06/23 名無しのカブ]
[03/24 流れ雲]

IPCounter

Current Visits

Regional Visits

ジオターゲティング

Link

Weather

雨・雲予報

Profile
HN:
るぅ
性別:
男性
趣味:
旅行・ツーリング
自己紹介:

風景ある道に焦がれます
スーパーカブ110
VTR250FI

どっちも白だったり。

Since 2011.03.26
タイムカウンター

Bar code

RSS

忍者ブログ | [PR]
| BLOG DESIGNED TABLE ENOCH | △TOP