忍者ブログ
" VTR250 " と " Super Cub 110 " で 良景と良道を求めて走ります。
2017.12.17 Sun 14:54:00
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011.12.06 Tue 19:19:22
西吾妻スカイバレー


10:25 レークラインを後にして、


一旦右折し国道459号線に出る。

出光石油があった。

桧原周辺では唯一の給油ポイントになるので心配なら入れると良いでしょう。



300mほどで『 スカイバレー 』の標識があるので更に右折。


この福島県道2号線米沢猪苗代線は序盤ペンション村を縫って行く道だが、


すぐに桧原湖畔を走る道に変わる。


交通量も少なめで、この県道2号の湖畔道路は爽やかな道。

こちらの方がレークラインだよな、と思ったり。


実はこの道路、バイクで走るのは初めてだし車でも相当来ていない。

対岸に立派な橋が見えるが、以前あったっけ!?


初秋とはいえ、まだまだ緑が気持ちよいが、体を傾ける道の線形も楽しい。


桔梗山を回りこむと県道64号との分岐点。

標識には白布峠以外消されてたが、直進で元有料道の西吾妻スカイバレーだ。


「 森の中、直線の先には緩やかなカーブ 」

いかにも高原道路感満載な導入部。あの先は!?


元料金所跡地。

個人的には吾妻スカイライン序盤より期待感すごい道だ。


森の中を駆け抜け、その先の展望に期待する!


驚いたのが、ヘヤピンカーブの連続!

ブラックマークが物語っている。


とにかく楽しいワインディング!

時を忘れてしまったが、短いのが残念だ。


それにしても良い山岳道路の風景。

飯豊連峰が顔をのぞかせていた。


東鉢山七曲(とうばちやまななまがり)という駐車スペースに寄ってみた。


亡くなった方には申し訳ないが、噴火により300の湖沼、その後国立公園となるのだから磐梯山の爆裂噴火も歴史に予定されていたものだろうか。少なくとも裏磐梯地域の景観の美しさを増した出来事だ。


ここからの磐梯方面の展望。

ススキのたなびきが旅情をそそります。


西吾妻スカイバレーの代表的な写真。

短いがとにかく急峻なワインディングだ。


とりあえず白布峠へ。

標高を下げて。


白布峠駐車場。

写真を撮らなかったが、ここが福島山形県境だ。

トイレとベンチなどがあった。





実はこの先に数km程行ってみたが、景観のない急峻なワインディング。

西吾妻スカイバレーのバレーとは山形側のことか。


実は白布峠より300mくらい桧原湖方面に戻った駐車場が展望ポイント。









ここからは折り返すことにする。

やはりスカイラインは下りが素晴らしい。


磐梯山を望みながらのカーブ。


山形米沢方面の水田風景か。


11:45 桧原湖まで戻ってきた。

ここからは県道64号線喜多方方面へ。


西吾妻スカイバレーは急峻だが片道15分のお手軽スカイライン。

ぜひ寄ってみてはいかがだろうか。


真の裏磐梯へ
PR
NAME
TITLE
MAIL
HOME
PASS
TRACKBACK URL -
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Category

Blog Search

Archive

Last comments
[07/08 名無しのカブ]
[06/24 ZJ]
[06/24 ZJ]
[06/23 名無しのカブ]
[03/24 流れ雲]

IPCounter

Current Visits

Regional Visits

ジオターゲティング

Link

Weather

雨・雲予報

Profile
HN:
るぅ
性別:
男性
趣味:
旅行・ツーリング
自己紹介:

風景ある道に焦がれます
スーパーカブ110
VTR250FI

どっちも白だったり。

Since 2011.03.26
タイムカウンター

Bar code

RSS

忍者ブログ | [PR]
| BLOG DESIGNED TABLE ENOCH | △TOP