忍者ブログ
" VTR250 " と " Super Cub 110 " で 良景と良道を求めて走ります。
2017.11.23 Thu 07:11:22
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011.09.16 Fri 00:00:00
男鹿半島へ


2011.08.29(月)

04:30に起床
一昨日は2時間睡眠だったけど
昨日は7時間寝れたので結構元気だ。


04:50 チェックアウト
この気兼ねの無い自由な退出もビジネスホテルの利点。
無料の朝食バイキングを逃してしまうのが少し痛いけど。
(無料といっても宿泊料に上乗せしているはずだが)
朝食要らずは500円値引きがいいなぁ。

ちなみに、
料金はチェックイン時に前払い。
今回はシングル6,300円だった。
実は事前にネットで予約していれば休日最終日は5,500円だったのだ。
今回は由利本庄までか、秋田土崎まで行けるのか自信がなかったのだ。
ルートインだけでなくローソン等でポイントが溜まるpontaカードも作ったし、
次回は割引等うまく利用するつもりだ。


ルートイン秋田土崎
MAP


外に出るとBMWのツアラーがあった。
18時以降にでも私同様に宿泊したようだった。
しかも凄いことに神戸ナンバー!北海道帰りかな!?
なんてモデルかわからないが、クリスタルのようなヘッドライトが特徴。


05:00 出発

ついに念願の男鹿半島へ!
もう昨日の朝よりわくわく感が止まらない。
ツーリングマップルにもお勧め区間となっている。
とにかく気が逸る。

すぐにローソンがあったのだが
朝食の調達に迷うも先を急いだ。


海上保安庁の巡視船?
新日本海フェリーの看板があった。
北海道へ渡れるフェリーターミナルはこの先のようだった。
いつか・・・

国道を使わず最短経路の秋田県道56号線で男鹿半島へ。


秋田県道56号線は、
火力発電所交差点を右折すると海岸線に沿って物凄い直線。
ぬわわkm/hで走る車が抜いていった。
残念なのは防風林で視界の優れないことか。


防風林の合間から男鹿半島のシルエットが見えてきた。
どんな表情をみせるのか。


やがて潟上市二田の国道101号線船川街道に出た。
ここはショッピングセンターからフード店まで並ぶ。
朝5時ということも有って人通りもないが日中は主要生活地域だろうか。
どの店も広大な駐車場を持ち、東京とは違いゴミゴミとしていないので寄ってみたくなってしまう。

ここでぬわわkm/h程で急迫してくるプリウス。
筆者を抜いたかと思うと車間も無く急に正面に車線変更してきた。
そして筆者と同じ速度へ減速。これには驚いた。
何がしたいのだろう!?
頭の薄いおじさんのようだ。
不快。
VTRの2・3速を使って抜き返し引き離す。

すると・・・


良い記念になったなまはげ像とVTR

どーん!

なんだこれは!?
すかさず停車。おもわず歩道にVTRを乗り入れる。

巨大な2体のなまはげ像だった。


秋田県のなまはげに対する本気を感じた

高さにすると17mくらいか。
モビルスーツだな。NH-01:OHARAIと近接戦闘型のNH-02:NATA。

(何をやってるんだろう・・・旅をしているんだ!)
抜かれて抜き返す・・・くだらないことをしてしまった・・・

気持ちを切り替えて楽しもう!


脇本郵便局の交差点で「寒風山」の表示がでた。
しかしルート的には海岸線が先なので直進。後で向かう予定だ。

その先の交差点で国道101号線は一旦内陸部に入り再度合流するのだが、
このまま海岸を走りたいので県道59号線で。


県道59号線の海沿いを走っているとなんだか神秘的な空。
空の雲がまるで海面のように波打っていた。


なぜか一部区間のみウエーブシェード。???


すぐに海際の道へと変わった。
県道LVで片側2車線・・・最初から想像を超える男鹿。


男鹿駅周辺の県道59号線は想像とは違い廃店街といった寂しさがあった。
何か地球の滅んだ後の町のような感。
もちろん早朝なので人気はないし店もしまっているからだが。
朝食をコンビニで仕入れようと思ったが1店もない。
ディリーヤマザキがあったが開店前だった。



船川を過ぎると漁村風景が続く。
漁師は流石に朝早く、動きが見られる。
道はもちろんシーサイドライン。快適だ。



広々とした公園があったので寄ってみた。

渚100選に選ばれている「鵜の崎海岸」だ。


「水難事故注意」なんてあったが、
波が無い、物凄く静かな海岸だった。これも日本海特有のものか。



シーサイドラインは前後に車のないクリアな走行が続く。



途中「ゴジラ岩」なんていう案内板があった。


こ、これか!?
・・・


さて、
今思えば男鹿半島南岸の道路で驚愕したのがここからだった。


ここから男鹿三山(毛無山・本山・真山)の周囲を走ることになるので
緩急のある絶景ワインディングロード!


アップダウンも物凄くなる。
垣間見える日本海の大海原が高所感をいっぱいにさせる。

写真はないが
ガードレールの脇は空中で、200mもの高さから海面と海岸を見下げる個所があり怖いくらいだった。


何箇所か展望駐車場があったが
あまり視界は良くない。逆に走行中の方が絶景を堪能できる。


断崖絶壁の道路の上はオーバーハングな壁面。
路肩は補修中であり、違う意味でも恐怖感いっぱい(笑


海岸線を走っていて好きな風景。
自分の到達できぬ埼の突端が深く印象に残る。


戸賀湾展望公園とあり寄ってみた。


東屋があり展望を楽しみに木道を進む。


なかなか広大な日本海を感じることもできるが
いまいちかな。


風景よりも駐車場の広大さの方が驚きだ。


展望公園から下はヘヤピンカーブで
戸賀塩浜を見ながら急カーブ。
楽しい!と思ったら・・・


男鹿水族館GAOだった。
もちろん営業時間前で駐車場を一周して先に進む。


戸賀湾をぐるっと半周周り内陸部へ。
伊豆でいえば仁科高原線のような趣。

途中県道121号線と交差する。
右折で八望台、後ほど向かう予定。
左折で入道崎への最短距離だが北海岸側からアクセスするために県道55号線へ。


男鹿半島北岸に出た。
この県道55号線もシーサイドの2車線快走路。

ここから入道崎を目指す。


06:40 入道崎 713km
バイクは早朝だし、とりあえず入りたいので公衆トイレの前に停めて。

何気に秋田港から男鹿半島先端の入道崎まで意外と時間掛かった。
ルートイン秋田土崎より69kmだった。
男鹿半島は小さく見えるが結構走り応えがある。



あれが灯台。変な配色・・・

入道崎灯台////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

入道埼灯台(にゅうどうさきとうだい)は、日本の灯台。秋田県男鹿市の男鹿半島北端に位置する。入道崎の突端に立つ白と黒の二色の大型灯台。

北緯40度線上の灯台として太平洋側の岩手県普代村にある陸中黒埼灯台と対をなす。

男鹿国定公園内にあり、日本海を臨む景勝地で、海に沈む夕日の美しいことでも知られ日本の灯台50選にも選ばれている。同所には経度、緯度を記した石塔(写真左の黒の石碑)がある。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「入道崎灯台からの眺望をどうぞ」と。
早速見させて頂こう!


・・・

開園前だった・・・(/_;)


そうそう、
能登でも伊豆でも様々な地で見つける英国人技師ブラントン。
ここでは日本の灯台の父の名に出会わなかったのには驚いた。
比較的遅れて誕生した灯台の為か。



気を取り直して散策へ。

等間隔に岩が並ぶ。???


日時計石のようだ。

ああ!さっきの石の配列は北緯40度をあらわしていたのか!納得。


気持ちいいー!
この広い入道崎を独り占め!
(重い財布が垂れ下がっていてかっこ悪いね)


入道崎は、海岸段丘が発達していて日本海の荒波の波食によって築かれ落差30mもある荒々しい海岸を見せる。
対称的に地上には穏やかな草原が広がるのだ。

・・・・・

バイクへ戻る。
観光土産店・食堂が立ち並ぶが1店のみ開店準備していた。
実は時間が合えば「サザエとうに丼」を食してみたかった・・・(/_;)

仕方なく自販機でカフェオレを買い一服。

・・・・・

男鹿半島、
風の噂で聞いていたが、想像以上に素晴らしい場所だった。
入道崎も良いが、特に南岸沿いの59号線がいい。
緑の大地、青い海、空の絶妙なコントラストは、見るものの心を奪うだろう。

ここは是非ツーリングにお勧めしたい土地となった。

・・・・・

さぁ、海岸線を堪能した後は男鹿の山へ!


八望台へ
PR
デカッ
2011.09.16 Fri 20:46:59
意図はともかく、嫌がらせかとしか思えない運転する人、時々いますよね。どうしても気持ちの切り替えに、少し時間がかかります。

17メートルはありそうですね。シャアとランバラル搭乗モデルかな(笑)
Re:デカッ
FROM MASTER 09.16 Fri 21:55:59
基本(無駄、無駄無駄)とJO奇妙のDioのように思うことにしていますが(笑
楽しいことを邪魔されたような気になってしまって抜き返してしまいました。
まだ若いです。

そうなんです、17mと思ったんです。
思い浮かぶことは、やっぱりモビルスーツですよね(笑
ほぇ~
2011.09.18 Sun 08:09:40
日本海側って基本的に田舎が多いですからね~
冬の日本海は、波・風が強いんですよ!
それにしても、等身大?なまはげってすごいですね

またも、ええ道と出会えてよかったですね~
これまた絶景を見れて、うらやましいです

BMWのバイクの方は、ほとんどがソロらしいです(って聞きました)

私が車だったら、バイクの邪魔は絶対しませんけどね!
バイクに興味が無い方は、バイクは邪魔と感じるらしいです
Re:ほぇ~
FROM MASTER 09.18 Sun 10:37:21
そうでしたか~冬型の気圧配置ってやつですね!
冬は日本海まで旅行に行ったことがないです。
そのかわり関東は冬の快晴力が凄いです。

まだまだ良い道が出てきます。
秋田恐るべし。

確かにBMWの方ってソロが多いかも。
NAME
TITLE
MAIL
HOME
PASS
TRACKBACK URL -
Calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Category

Blog Search

Archive

Last comments
[07/08 名無しのカブ]
[06/24 ZJ]
[06/24 ZJ]
[06/23 名無しのカブ]
[03/24 流れ雲]

IPCounter

Current Visits

Regional Visits

ジオターゲティング

Link

Weather

雨・雲予報

Profile
HN:
るぅ
性別:
男性
趣味:
旅行・ツーリング
自己紹介:

風景ある道に焦がれます
スーパーカブ110
VTR250FI

どっちも白だったり。

Since 2011.03.26
タイムカウンター

Bar code

RSS

忍者ブログ | [PR]
| BLOG DESIGNED TABLE ENOCH | △TOP