忍者ブログ
" VTR250 " と " Super Cub 110 " で 良景と良道を求めて走ります。
2017.04.29 Sat 10:45:43
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011.10.11 Tue 01:00:34
竜飛崎



14:38 俯瞰台より竜泊ラインを下って行く。


こちら側はタイトなコーナーが少なく尾根伝いに津軽海峡へ降下してゆく。



青森県道281号三厩停車場竜飛崎線との分岐点。

別名あじさいロード。

後に青森市街まで、竜飛崎の帰路に使おうか迷った道だ。



14:45 竜飛崎 980km

結構有名観光地なのに意外と小さい駐車場だ。

写真の灯台は後回しにする。


実は竜飛崎周辺はこんなにも訪問箇所がある。

竜泊ラインを含めたら、1日掛かりの観光となると思う。

と、いうことで今回はサラッと行こう。

まずは遊歩道チェック。


う~ん、これは凄い景色が待っていそうだけど、

1時間は必要なのではないだろうか・・・

今回は灯台と展望台を巡ることにして次回の機会にしよう。



売店の上にはレストハウスが見えた。

まずはあの小高い場所へ。きっと展望がよいはずだ。



これがレストハウス。

1Fは公衆トイレの模様。

レストランも営業しているようだ。



幕末の松下村塾で有名な吉田松陰の詩碑。

小泊を出て海岸沿いに竜飛崎へ。

自由に行き来する外国船を眺めに宿泊したらしい。

江戸末期、長州藩攘夷志士の吉田松陰は、後に池田屋事件で客死する宮部鼎蔵とこの地を訪れている。

竜飛崎に立ち

「 狭い津軽海峡を外国船が堂々と往来するのを許しているのは、日本の存亡にかかわる重大なことだ 」



太宰の道、龍見橋を渡ると超絶な風景が見れそうだ!

(この下は先ほどの駐車場までの道路となっている)



だれも居ない静かな庭園の趣き。

すでに風景の凄さが感じられたがまずは石碑から拝見するとしよう。



大町桂月文学碑。

「 45丈もの荒波がくる竜飛崎 」なんて書いてあったが、

1丈は約3.03mのはずで、135mもの大波がきたら一大事だ・・・!?



飛竜砲台跡地。

対ロシア用だったのだろうか。



塵肺根絶の碑。

青函トンネル工事での教訓を、ということだろうか。



川上三太郎句碑。

「 龍飛岬立てば風浪四季を咬む 」



佐藤佐太郎歌碑。

「 陸はつる海の光に草山は黄菅の花の輝くあはれ 」



そして竜飛崎南西方向のパノラマ。



この息を呑む自然の造形美。

奇岩・奇勝とはまさにこのこと。

これは是非遊歩道を歩いてみるべきだと思った。

いつの日か・・・



さて駐車場に戻り、反対側の灯台へ。



!?
昭和7年まで無かったらしい。

いかに狭い海峡とはいえ、荒れ狂う津軽海峡、視界不良はざらにあったはず。

それを考えると、ずいぶんと新しい灯台だ。

今回の旅行では、日本の灯台の父の名には出会わなかった。

竜飛なら会えるかと思ったのだが。



改めて、思えば遠くへ来たものだ。



切り立った断崖。

伊豆石廊でも思ったが惹かれるものがある。



蝦夷の地。

~ ウラルを越えて ~

NTVの年末時代劇スペシャル「 五稜郭 」の榎本武揚役の里見浩太郎の遠くを見つめる眼差しを思い出し、しばし浸る。



さて竜飛の夕暮れは早そうだ。

そろそろ駐車場へ戻る。

本当は、青函トンネル記念館だの見るところは沢山あるのだが。

そうそう、ここは義経渡海伝説の地。

・・・・・

津軽海峡は荒れ狂い、渡海できずにいた義経一行。

肌身離さず持っていた仏像を岩に置き3日間祈祷をしていると白髪白髭の仙人が現れ、

*「 下の洞窟にある竜馬をつかわそう 」

そして津軽海峡はぴたりと嵐が止み、蝦夷地へわたれたとのことだ。

・・・・・



自販機で500PETを購入し喉を潤す。

土産を買う為にその隣の「 あっちゃの店 」なる店に入ってみた。

「 あっちゃ 」なるネーミングに惹かれたのだ。

入ってみると恰幅の良いおばちゃんだった。

物凄くよくしゃべるおばちゃんで、愛嬌がある。

かなりの津軽弁で、2~3割方は聞き取れなかった(汗

あっちゃ「飲んだらこの店に持ってきて良いよ、ゴミ箱なかったでしょ^^」

(ば、ばれてる・・・なぜだ!?店から死角のはずだが(笑)

あっちゃ「津軽は、鮭とホタテ。今なら(1050円)50円引きでよいよ」

商売慣れしていて、なんでも販売に結びつける(笑

でも憎めない、まさに、だからこそ自分で「 あっちゃ 」(笑

1,000円で鮭の昆布巻き(日持ちする)を購入。

帰りの道も心配してくれて

・海岸線の国道339号線は時間かかること、

・内陸の281号線あじさいロードはカーブが多く大変なこと
(今思うとバイクなら平気だし、空いていたかも)

・バイパスが出来て以来、津軽青森間は90分になったこと

等、よく教えてくれた。

手書きな地図までこさえてくれて(笑

なんだか1000円じゃ申し訳ないと思った。

この2日間、こんなに人としゃべったの初なので今思うと懐かしい。

あっちゃ、お元気で!

・・・・・

そうそう、今日の宿がまだだった。

当初、ルートイン青森にしようと思っていた。

駅前でおいしい食事にありつけるかも、だ。

しかしなるべく睡眠をとりつつ4:00までに高速道路に乗りたい。

平日通行料金1万円超の半額は大きいのだ。

結果、ICに近い、ルートイン青森中央に決定。

あっさり予約できた。

15:30 竜飛崎を後にした。



有名な車両が通れない階段国道339号線。



さて、津軽半島東側は道路状態がよくない。

一番厳しいのが狭いのにタイトなカーブであり、運転慣れしていない車につかまると悲惨。



カーブのタイトすぎる漁村は抜くことが出来ず、前のワゴンはかなりイラついていたと思う。

遅々とした青森行きは、まだ遠く筆者も気が焦る。



三厩駅付近でバイパスに入ると快適になった。

国道280号線今別バイパスだ。

高速道路並み。



サークルKのある交差点で県道14号線へ右折。

ここも山間の快走高速路。

こちらは田園風景が目に優しい。



大平で県道12号線に出た。

ここはやまなみラインというらしい。

田園風景がさらに広大になり快走!

左は蕎麦!?



あまりにも気持ちよく、脇道。

おかげで遅いトラックにまた抜かれてしまったが、気持ちよい。



さて蟹田駅手前で信号を右折すると、国道280号線内真部蓮田バイパスだ。

まだ真新しい高規格2車線道であり、


低い山間を貫く高速道路。

ゆわkm/hでは煽られてしまうだろう。



青森に近づくと、かかしロードというらしい。

子供たち作成か!?

中には某映画でTVから出てきそうな、髪が枝垂れた怖いものも。


だいぶ混雑してきた。

もう青森市街は目前なようだ。

途中、新幹線工事の巨大ゲートが一定間隔で何箇所もあった。

これをみると巨大なプロジェクトだと思わされる。



90分掛かって国道7号線青森西バイパスを西へ。

「 あっちゃ 」の言うとおり、90分で青森にこれたよ。


国道7号バイパスへ左折し、青森中央IC付近へ。

明日の為に給油してからホテルへ。

セルフを見つけて。

竜泊ラインで2速レッドゾーン走行だったが、燃費は、34.6km/L!

やはり、一般道になってからは35km/L近い数値が出る。



17:30 ルートイン青森中央着。自宅より1,060km。

竜飛崎より約80kmだった。


部屋で荷を解き、コンビニへ。

周辺には、閉店した焼肉屋、うどんチェーン店くらいなものだった。

ローソンで手っ取り早く済ませて部屋で。



昨日同様のサンセットで缶チューハイ。


この窓格子状で少し邪魔。


19:00 やっとネオン街へと。

夜景写真、バスルーム閉めていないので失敗。



シャワーに入り、起きて着替えるだけで済むように明日の支度。

そして今日の記録の編集。

今日もよく走ったものだ。

家族にメールして就寝目標21時だ。


東北道 - 青森東京700kmへ
PR
初めまして
2011.10.11 Tue 16:25:57
来春CUB110購入予定です。
林道を走る予定のため、タイヤ交換等参考にさせて頂きました。
オフ車のタイヤ交換は日常的にやってるんですが
以前バーディー50のタイヤ交換でエライ苦労した経験がありました。
大変わかりやすく解説されていて参考になりました。
この記事とは関係ありませんでした、最新の記事に御礼をと思いm(_ _)m
Re:初めまして
FROM MASTER 10.11 Tue 23:25:38
はじめまして、おっさ さん!

カブ110売れてますね!

林道とはカブでダートでしょうか!?


私なぞはカブ110しかタイヤ交換経験がありませんので

参考になって頂けた様で何よりです。


コメント場所ですが、気にしないでください。

最新記事への方が注目度高いですしね^^

私は見落とされた経験があるのですが、

最近の記事でないと見落としやすいブログも存在しますね。

この忍者ブログには「 last comment 」をプラグインで追加できますので

管理ページに行かなくても気づきやすいです。

お礼ありがとうございました。
カブで林道
2011.10.13 Thu 19:12:54
今まではオンロードでしかツーリングしたこと無かったんですが、気になる林道を見つけてもいつも断念していました。
カブなら大丈夫かな?と思いまして。
そんな激しいとこは行きませんが。
また参考に覗かせて頂きます。

ちなみに私も竜飛岬行ったことありますが、岬へ向かう日本海側の道は最高ですよね~
Re:カブで林道
FROM MASTER 10.16 Thu 18:24:28
カブ110のサスは柔らかいので結構軽い未舗装路なら楽々だと思います。

竜飛への竜泊ラインは海から山へ、変化に富んで最高でしたね!
無題
2011.10.15 Sat 18:24:02
竜飛岬はぜひ行って見たいところなのですが、
いつもながらの臨場感ある写真を見させてもらったら、ますますその気持ちが強くなりました。

でも、アプローチが長すぎなんですよね。

では、では、
Re:無題
FROM MASTER 10.16 Sat 18:25:25
そうなんですよね、

低排気量の私たちでは、ちと遠すぎます。

でも余りある風景でした!

ぜひキャンプツーリングで来年お盆に!
NAME
TITLE
MAIL
HOME
PASS
TRACKBACK URL -
Calendar
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Category

Blog Search

Archive

Last comments
[07/08 名無しのカブ]
[06/24 ZJ]
[06/24 ZJ]
[06/23 名無しのカブ]
[03/24 流れ雲]

IPCounter

Current Visits

Regional Visits

ジオターゲティング

Link

Weather

雨・雲予報

Profile
HN:
るぅ
性別:
男性
趣味:
旅行・ツーリング
自己紹介:

風景ある道に焦がれます
スーパーカブ110
VTR250FI

どっちも白だったり。

Since 2011.03.26
タイムカウンター

Bar code

RSS

忍者ブログ | [PR]
| BLOG DESIGNED TABLE ENOCH | △TOP