忍者ブログ
" VTR250 " と " Super Cub 110 " で 良景と良道を求めて走ります。
2017.06.27 Tue 19:36:02
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011.07.28 Thu 00:00:00
西天城高原線


08:00 風早峠より直進し仁科峠を目指す。

西天城高原線のスタートだ。

静岡県道411号西天城高原線///////////////////////////////////////////////////////////////////////

1999年(平成11年)
第50回全国植樹祭が天城牧場で開かれた際アクセス道路となる
静岡県道59号伊東西伊豆線が天皇の行幸に堪えない悪路であったため
西伊豆スカイラインを延長する形で伊豆スカイライン計画線に建設された。
沿線には樹木が生えておらず、展望はすこぶる良い。
延長約10km。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


上空の厚い雲を無念に思いながら勾配をクリアしてゆく。


全線中唯一の棚場山トンネルを抜ける。


正面の山肌には木が切り倒されてあった。
資材切り出し場なのか、展望所でも作るのか!?


この天城高原線、
西伊豆スカイラインと同じで稜線上を走る。


想像よりとんでもなく2車線快走路で、交通量もほとんどない。


これはバイクも車も飛ばしたくなるわけだ。


残念ながらこの深い霧のお陰で道路脇の風景がわからない。
しかし本当に走るのが楽しい道だ。

そうこうしているうちに

08:15 仁科峠に到着


反対方面からの図。
この峠、道路両脇に山頂までの遊歩道がある。
とりあえず高そうな写真右手の東側歩道を。

*「おはようございます」
筆者「!?おはようございます」

どうやらこの駐車場内でキャンピングカーで泊っていた方のようだ。


この遊歩道、写真ではわかりづらいが
なかなかの急斜面で頂上までわずか400mだが結構疲れる。
しかも笹丈は2mはあるのではないか。


200m程のところで振り返ってみる。
すごい霧。
これはだめのようだ。

しかも絶え間なく笹から
カサカサ、ガサガサ、
という音と霧が不気味で降りたくなってしまった。
この2mはある笹から、熊や蛇でもでたら・・・怖すぎるのだ。

帰り際、

筆者「駄目ですね、何も見えません」
*「そうですよね、この霧ではね」

と言葉を交わしバイクに跨った。


ちと無念だったが、この霧なら仕方が無い。
しかし天城高原線、この線形はうれし過ぎる授かり物だった。
走る楽しさにおいては西伊豆スカイラインと同等かそれ以上だと感じた。


08:20 わずか20分の天城高原線が終わってしまった。

今回の霧で楽しみにしていた風景は残念だったのだが
実は帰路に素晴らしい風景に出会えたのだ。


この先は左折で県道59号線、右折で410号線となる。
当日の現地で方向を決めようと思っていた。
どちらも国道136号線に合流するので南伊豆には出れるのだ。
事前の調査ではどちらも狭路であり酷道らしいが
県道59号線は視界の悪いカーブの連続だとか、、
(この霧だ、海に出よう)
と若干評判の良い410号線へと進むことにした。


静岡県道410号線 へ
PR
NAME
TITLE
MAIL
HOME
PASS
TRACKBACK URL -
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Category

Blog Search

Archive

Last comments
[07/08 名無しのカブ]
[06/24 ZJ]
[06/24 ZJ]
[06/23 名無しのカブ]
[03/24 流れ雲]

IPCounter

Current Visits

Regional Visits

ジオターゲティング

Link

Weather

雨・雲予報

Profile
HN:
るぅ
性別:
男性
趣味:
旅行・ツーリング
自己紹介:

風景ある道に焦がれます
スーパーカブ110
VTR250FI

どっちも白だったり。

Since 2011.03.26
タイムカウンター

Bar code

RSS

忍者ブログ | [PR]
| BLOG DESIGNED TABLE ENOCH | △TOP