忍者ブログ
" VTR250 " と " Super Cub 110 " で 良景と良道を求めて走ります。
2017.08.24 Thu 04:12:00
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011.07.16 Sat 00:00:00
大楠山山頂
国道134号線より大楠山入口交差点左折、
なかなか酷なハイキング道をクリアし、山頂へ。
果たしてどんな風景がまっているのか!?

10:10 プチ登山開始。自宅より93km。

何も書いてない看板のところからスタート。
車やバイクで来た場合はこの入口からになると思う。


少し歩くと左手に、木々の間から景色が見えた。
といっても、ゴルフ場のようだ。


ここから100m程で山頂のようだ。
なんてお手軽な登山(笑)


といっても、丸太の階段が続く。
曲がりくねって先が見えないので、どのくらい昇るのだろう。

分厚いタイツにダウンパンツ、アウターの3重ズボンだけど、せっせと。
丸太階段の1段の奥行きと歩幅が合わず意外と疲れる・・・


おっ、山頂だ!
駐車場から5分程で到着。

大楠山(おおぐすやま)
標高2420m・・・じゃない、242m。
横須賀市西部にある三浦丘陵の一角をなし、三浦半島最高峰として知られる。関東100名山の第100番目でもある。
どうやら山頂までは、4つのハイキング道があるらしい。
阿部倉コースと衣笠コース(東京湾側)、前田橋コースと大楠芦名口コース(相模湾側)があるようだ。


山頂は意外と広々していた。
小学校の遠足で、先生の前に体育座りしている光景もありえそうな。
でも本日はドロドロだ。


さて、お目当ての眺望とゆこう。
この大楠山ビューハウス併設の、螺旋階段が展望台だ。

この螺旋階段、面白い形で、最上階までの間にも展望台への分岐があり、5層になっている。
分岐した方を登ると、2Fはビューハウス屋上の広い展望台で、1F、3F、4Fは、1~2人用の展望スペースとなっているのだ。


そしてビューハウス屋根の展望台へ登ると・・・


ばーん、
すげー、富士周辺が一望だった。
左から、伊豆、箱根外輪山、富士、丹沢山系。
しかも富士の右横奥には、南アルプスまで見えた。

(写真では、ちょっと遠景部分のコントラストが低い気もする)

さぁ、次は一気に最上階へ!



この写真が、実際に肉眼で見た富士山の大きさに等しいと思う。


こちらは東京湾方面。
日中の眺望より夜景に最適な向き。
毎日目にしている筆者には珍しくないのだが、よーく見るとスカイツリーも見えた。


こちらは、三浦半島南端側。
本日の最終目的地方面だ。


伊豆方面を望遠してみた。
天城・大室の両山が見えるも、雲が出始めている。
これは富士へ向かっているのだろう。

屋上階は、360°のパノラマ台なのが嬉しい。


今日の目的、ルートは、
1,湘南国際村の丘の景色を楽しむ
2,立石公園での秋谷海岸からの景色を楽しむ
3,大楠山よりのパノラマを楽しむ
4,『崎』よりの風景を楽しむ
5,三浦の海鮮、御馳走を頂く
となるだろう。

この後は、写真の荒崎に向かう予定。


ご丁寧に灰皿も1台設置されている。喫煙はここで。

コンクリのベンチにはまだ雪が載っている。
この後、手ぬぐいを額に巻く陽気な老人が、

*「雪落とさないと座れないからね~」

と、聞いてもいないのに笑顔で履き掃除。
近所のお爺さんかな!?
(近所といっても最短で徒歩60分かな)

筆者「積りましたね~」
*「積った積った~」
筆者「今日は(景色が)見えるほうですか~?」
*「おお、見えるよ~スカイツリーみえたかい~」

少しおしゃべり。


いつのまにか猫が2匹じゃれ合っていた。
ご老人の飼い猫かな!?


硬くなってるけど、ちょっと味見。

筆者父親「東京の雪は汚いぞ~」
そういえば、子供の頃よくいわれたものだ。



どうやら、ビューハウスが開店したようだ。
開店時間は10:00頃なのかな?

良く見ると、先ほどの陽気な鉢巻老人が店主のようだ。

お菓子に飲み物を販売しているらしい。
このような場所で売れるのかな!?ちょっと賞味期限が気になるかも(失礼)


ビューラウンジといった感じ。
福水社『 ピープルシー 』!?
昭和の匂いというのかな。

調べて見ると、、、というか、情報無さ過ぎ。
1964年の東京オリンピック時には売られていたらしい。
少なくとも東京タワーで売られていた瓶ジュースらしい。
黄色い色で、パイン味!?ネーミングからすると、ビタミン水!?
『 福水社 』に関しては全く手掛かりなし。

会社とは、時代により姿を変える。
刻の波に呑まれて姿を消すものも大多数。
時代の流れを感じます。

・・・・・

さて、最後にもう一度絶景を目に焼きつけよう。


少し雪のバランスが悪いけど、形的にはバランス良い角度を見れる大楠山。
富士の前に、ぽこんと出ている山は金時山だろうか!?


相模野にどーんと聳える丹沢山系。
こうみると、長野など高所の派手さは無いが、十分な貫禄だ。
さすが国立公園!

約20分程の滞在だが下山することにした。
さぁ、次は海岸線に出て海からの富士丹沢伊豆を眺めよう。

・・・・・
大楠山
湘南国際村は、富士眺望というスポット的なものに対し、
大楠山の魅力は、なんと言っても360°の、広がるパノラマ!
周囲は、大楠山242mより断然低いことから嘘のように見渡せます。
富士も小さすぎもしないし、まるで山稜のように広く広がる山容は圧巻です。

しかも東京より2時間圏内、登山道はバイクで10分少々後、徒歩5分。
遠景狙いなので、秋冬の高気圧の覆った午前中が良いと思います。午後は逆光。
春から夏は霞みますが、低気圧・台風が去り強風が収まる瞬間の早朝を狙いたい。

雨・雪後に気をつければ、年中OKな貴重なツーリングスポットですね。


小和田湾と荒崎へ
PR
NAME
TITLE
MAIL
HOME
PASS
TRACKBACK URL -
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Category

Blog Search

Archive

Last comments
[07/08 名無しのカブ]
[06/24 ZJ]
[06/24 ZJ]
[06/23 名無しのカブ]
[03/24 流れ雲]

IPCounter

Current Visits

Regional Visits

ジオターゲティング

Link

Weather

雨・雲予報

Profile
HN:
るぅ
性別:
男性
趣味:
旅行・ツーリング
自己紹介:

風景ある道に焦がれます
スーパーカブ110
VTR250FI

どっちも白だったり。

Since 2011.03.26
タイムカウンター

Bar code

RSS

忍者ブログ | [PR]
| BLOG DESIGNED TABLE ENOCH | △TOP